クロス選びのススメ

 クロスは、お家のお化粧です。

クロスの薄さや堅さによって仕上がりが違います。最終的な仕上げとなりますので施工の際の注意点など説明を求める事をおすすめします。

 弊社の仕様は、標準で室内「1000番クロス」収納部分は「量産型クロス」色々なデザインをお選び頂けます。

クロスには、「量産型クロス」と「1000番クロス」大まかに二つにわかれています、実際は、もっと高級なものもありますがここでは、割愛させていただきます。
量産型というのは、ロングセラー商品等、よく使われるクロスをメーカーさんが大量に作られたものが収録された見本帳です。
近年は、量産型クロスでも種類が豊富にありますのでその中で貼り分けをしてもお洒落な空間を演出できるようになってまいりました。

「1000番クロス」というのは、デザイン性の高いクロスで特に近年どのメーカーさんも様々な種類を発売されており、よりお好みのデザインが表現できるようになりました。ただし、あまり売れない商品などは、生産中止になる事が多いので貼替えの際など支障をきたす可能性があります。
また柄物などは、施工の際 クロスの絵柄等が合わない場合があったり、クロスの薄さや堅さで下地を拾いやすく照明等の影響で影やボード間の筋がでてしまう事がありますので、ショールームや工務店に説明を求める事をおススメします、クレームが多い商品等聞いてみては、いかがでしょうか??
ショールームでは、見本帳より遥かに大きな見本を頂けますので、それを現地で合わせてみると失敗が少ないと思います。

この画像は、もっとも貼り分けをしたお家です。あまりに多く職人さんが嘆いてました。まさしく職人泣かせのお家です。

 

弊社は,建売住宅が多いためあまり奇抜なデザインを使えませんがお施主様が決まっている場合は、折角ですのでお好みのクロスをおススメしています。