灘区 T様邸 新築工事リポート3

T様邸 上棟後 どんどん家らしくなっていってます!

 ちょっとバタバタ+体調を崩しておりまして、なかなか更新できず申し訳ありません。ですが現場には、行って写真をパシャパシャしながら進捗を見守っております。しかしながら花粉症と風邪の合併症というのでしょうかコンディションの調整が難しいです。
早く花粉のシーズン終わって欲しい今日この頃T様邸のリポートさせて頂きます。

前回のリポートは上棟が完了したところでした。。。。

棟上げその時だけは、大工さんがどこからともなく集結するのですが・・・・上棟が終わると大体一人か二人くらいになります。
コチラの現場は常時大体二人なので、なかなかのスピードで現場は動いていくのです。

上棟が終わると大工さんは、まず雨じまいをします。外壁には構造用合板、屋根にはルーフィングが敷かれます。

続いて検査機関(JIO)により構造図に基づいて(金具・筋違・構造用合板等)施工されているか検査を受けます。

内装は、間仕切りになる壁や天井、床の準備です。
その間にサッシや断熱材、防水シート、バルコニーの防水、防蟻工事、各種配管工事、電気の配線工事等が目まぐるしく行われるのです。

さて、上棟後の現場写真は、こんな感じです。

さてさて 次は 天井を貼るための野縁等が出現し、窓枠にはサッシが取り付けられていきます。

桜の蕾も膨らみ始めました。玄関ドアも搬入されどんどん家らしく姿を変えていきます。外壁サイディングを貼る前に建物全体に防水シート施工がされ、内装は、断熱材が敷き詰められフローリング施工、電気配線、各種配管等がされております。

上棟から約3週間程で現場は目まぐるしく変化を遂げながら、T様邸新築工事、無事進んでおります。次回は、内装のボード施工など、ますます家感が増すことでしょう、本日もご安全に!