休耕地利用!ビニールハウス水耕栽培見学!

ビニールハウスでの水耕栽培の現場へ!!

 皆様は、水耕栽培をご存知ですか?恥ずかしながら私は、チラッとテレビでみたことくらいしかなく

味のイメージは、あんまり味が無い・美味しくないそんなイメージでした。しかしながら本日、見学させて

頂いたハウスの中の水耕栽培で収穫されたお野菜は、素晴らしく美味しかったのです。

 

ベビーリーフやルッコラ、水菜を食べさせてもらいましたが、味わい深く、歯ごたえも丁度良かったです。

思わず「焼酎とルッコラで十分です!」なんてわけのわからない食レポしてしまいました。

レストラン等では、柔らかい食感が求められるのでニーズに合わせて出荷するそうです。土耕栽培に比べ収穫量が

多くなんと!!年間15毛作もできるそうです。ハウスも最新で雨や光などを感知し光量や温度などを自動制御できるのです。

水耕栽培にもLEDの光をあてるLED型とビニールハウス等の太陽光型の2種類があるそうですが今回は、太陽光型を見学さ

せて頂きました。

労力も土耕栽培に比べると少ないそうです。ただ夏は収穫量も多くなり暑くなるので仕事はキツいそうです。

貴重な体験をさせて頂きました。本当にありがとうございました。

今回のビニールハウス見学を通して不動産業者として感じたことは。。。。

先祖代々受け継いだ大切な畑・・・しかし後継者も無くやむなく休耕地に しかし維持管理もかなりの労力が・・・

 現在どこの世界も人出不足に悩んでいますね。近い将来不動産業界もAIが活躍するのだとか・・・・現に弊社の協力業者様も

職人の担い手が少なく確保に大変苦労されております。 そんななか、本日の体験を通して 休耕地の有効利用について考えて

みました。

その地域だけでは、無く世界規模でw ちっぽけな不動産業者が取れたてのルッコラを介して。。。。

現在農業をされている方は担い手不足に悩まれており、自身の高齢化等が原因でやむなく多くの農地が休耕地と

なっているのが現実です。畑を所有している地主から土地を賃借しそこで農業の担い手になりたい方を繋げれれば

地主さんも賃料収入を得る事ができ先祖代々守ってきた畑も労力を使わず守ることが出来ます。

新しく農業をされるかたも畑の取得費が購入から賃貸になるので最初に掛かるコストを抑える事が出来、多くの希望者が

事業を始めやすくなるのでは、ないでしょうか?それに付随して雇用等も新たに生まれるでしょうから地域の活性化にもなります。

人手不足解消のため,ゆくゆくは、海外からの移民を受け入れ農業を通して交流が生まれやがてその移民者が母国にかえり日本で

学んだ農業を営む、その周りには新しい暮らしが始まり。職のない人々が職を持ち生活が豊かになる。子供が増え学校が増え

国が豊かになる!

日本のように恵まれた気候・環境ではなく、土耕栽培が出来ない国でも水耕栽培であれば野菜が作れるかもしれませんね。

なんだか話が広がってきました。まさしくグローバル!世界規模です。

いち不動産業者が呟いても何も変わりませんが、学者さんや行政や地域の大きな力が集まれば世界規模で豊かになれるのでは、夢で

はないと思います。不動産業者として出来る事は地主さんと新しく農業を始める方の繋がりを作り海外からの農業従事者の居住空間

の確保が出来る仕組み作りですね。農業業界は、どちらかというと閉鎖的です。地主さんが安心して任せれるような仕組みを作る必

要があります。沢山の移民者がくれば学校も必要になりますね。

地元の方との交流や文化の違い等の問題。まだまだ閉鎖的な業界ですからグローバルに手広くなんて難しいでしょうが行く先を考え

れば必要な事が見つかるような気がします。言うのは簡単で実際ハウスを運営されている方も実際に事業として始めるまで手続等本

当に大変だったとおっしゃってました。事業費の捻出や人材の確保、移民者や受け入れ者の安全の確保等考えただけで、やり方もわ

からずやっぱり無理かぁとなってしまいますが、、、いつかそんな仕事の何かの役に立てれば幸いです。