快晴の中での地鎮祭!

 地鎮祭する派、しない派?

 先日、弊社のお客様で新築頂いています、I様邸の地鎮祭に参加させて頂きました。

お客様の中には、地鎮祭をされる方、されない方おられます。

地鎮祭とは、建築等の工事をする際に関係者が集まり土地の神様をまつり、

工事の無事を祈願する為の祭儀です。色んな考え方がございますが、

「やったほうがいいのか?」とご相談頂いた際には、少しでも気になるのであれば、

やったほうがいいのでは?という返事をさせて頂いております。 後であの時やってれば

と後悔するのであれば、私は、気持ちが晴れやかな気持ちになり、やって良かったと

思う方なのでそうお勧めさせてもらいます。大安等の六曜を気にされる方は、早めに日取りを

抑えることをお勧めします。さて今回の地鎮祭は、

 お客様のご家族と友人を含め9名の参加、工務店と設計会社をいれて総勢13人になりました。

何気に一番乗り、工務店の方が笹等の準備を事前にしてくだりました。なんだか

神々しい土地になってます。その後、明石の岩屋神社様がこられ設営のお手伝いをさせて

頂きました。

 

 

奉献の品には 「清酒」、「お米」、「塩」、「水」、「山の幸」、「海の幸」、「野菜」などをお供えします。

因みに岩屋神社様の「海の幸」は「鯛のお頭付きです」さすが明石の由緒ある神社様

地鎮祭のお供え物もそうですが費用なども神社によって違います。

因みにお供え物は、施主様にお持ち帰り頂きますので弊社からのお供えのお酒はこんな感じに

包装させて頂きました。全てのお供え物を持ち帰るとなると意外と荷物になるのでお持ち帰り

頂くのに少しでも運びやすいように包装してもらいました。

 

お酒(実際にお供えしたものとは違います)

今回の土地は、道路面より一段上がっている宅地ですので、雨でも降って地面がぬかるんでしまうと、

大変なことになるので、なんとか晴れを祈ってますと・・・・雲一つない快晴!

お客様持ってます!!お蔭様で準備も捗り地鎮祭無事に開催する事が出来ました。

「降神の儀」の時の神主さんの声を聴くと阪神タイガースのピッチャーが投げる時の

観客席から巻き起こる「ォーーーオォォォォォーーーーーーーー!」を連想するのは、

私だけでしょうか?ばち当たり??。。。なんて思ってたら

「降神の儀」の丁度、「ォーーーオォォォォォーーーーーーーー!」の時に電話が

掛かってきて、ハッ!としましたが

神様からのクレームでは、無かったですww地鎮祭の時には、携帯を

マナーモードにする事をお勧めします。

私個人的には、「降神の儀」で神様が降りてこられて「昇神の儀」で天に神様が

帰られるところと「地鎮の儀」で「エイッ エイッ エイッ」と携わる方々が

それぞれ協力して刈初めの儀(設計者が鎌で忌み砂の草を刈る)、

 穿初めの儀(施主が鍬で砂を起こす)、土均し(施工者が鋤で砂を均す)、

 鎮物埋納の儀(鎮め物を納める)する場面が好きです。

I様のご家族全員での「穿初の儀」(うがちぞめのぎ)は、なんだかほっこりと共に

責任感のようなものを感じました。

無事 地鎮祭も終わり、いよいよ着工です。